脇の臭いの原因

汗をかきやすい季節になると、脇の臭いが気になる方も多いと思います。

臭いの原因となっているのは、汗に含まれるタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などで
この成分が常在菌などにより分解され臭いが発生します。
 

汗には2種類あり
 エクリン腺とアポクリン腺
 エクリン腺:体温調整をするためなので水分99%でほとんで臭いなし。
 アポクリン腺:タンパク質やアンモニアなどが含まれていて臭いの原因となります。

 

そのためアポクリン腺からでる汗が多い、または生活習慣や食生活によって含まれている成分が多くなると臭いが強くなってしまいます。

 

脇の臭い対策

脇の臭い対策として最も多いのは制汗剤を使うことだと思います。

制汗剤は主成分の塩化アルミニウによって汗腺に炎症をおこし、塞いでしまうことで物理的に汗を止めてしまいます。
効果は一過性のもので、止めると元に戻ってしまいます。

なので継続的に使用することが必要なのですが、汗を止めるということは体温調整や肌の保湿機能がなくなってしまうということです。

かゆみやかぶれ、汗疱(汗がつまってできる小さな水疱)がブツブツとできる副作用がでる場合もあります。

そして肌が乾燥してしまい、肌を保湿しようと汗や皮脂が過剰に分泌されるようになると、さらに臭いがきつくなってしまうということにもなってしまいます。

なので脇の臭い対策では余分な汗と皮脂の分泌を抑えながら保湿をすることが大切なんですよね。


いままで使っていた制汗剤で肌へのダメージがあったり、あまり効果が感じられなかった

という方には、うるおい系制汗デオドラント「ラポマイン」がおすすめです。

ラポマインは余分な汗や皮脂を抑えながら肌のうるおいを守り、べたつかずサラサラで無臭な消臭クリームです。

 

特徴は

1.保湿:
  厳選された21種類の保湿成分配合、肌のうるおいを整えて、
  余分な汗や皮脂の分泌を抑える

2.殺菌:
  除菌率99.9999%、イソプロピルメチルフェノール配合
  ナノ化された有効成分が角質層まで浸透し、ニオイ菌を徹底除菌

3.制汗
  薬用成分フェノールスルホン酸亜鉛で臭いの原因となる汗をキャッチし
  脇をサラサラにキープ
  フェノールスルホン酸亜鉛は汗に含まれるタンパク質と反応して凝固物を作り、
  汗腺の出口を塞ぎます。
  つまり、エクリン腺の汗ではなく、臭いの原因であるアポクリン腺を抑える効果が
  期待できます。

 

使い方もとても簡単で、朝夜2回両脇に塗るだけ


さらに25日間返金保証が付いていて、万一肌に合わなかった場合など、
商品代金が返金されるので、とても安心です。

まずは試してみるのがおすすめ♪

 

 

 

私の場合は、3日ほどで効果が感じられ、1ヶ月もすると

あれっ、そういえば臭いがしない。。。

 

ってなってました。

 

いまの私の一押しです (・∀・)。

 

脇の酸っぱい臭いって何?

脇の下から酸っぱい臭いがするということがあります。

ワキガと勘違いすることも多いといわれていますが、この酸っぱい臭いの原因はアンモニアなんです。

仕事が忙しかったり、寝不足などで疲れていると肝臓の機能が低下し、分解しきれなかったアンモニアが汗とともに体外にでてしまい、酸っぱいアンモニア臭になってしまいます。

なので、疲れがとれ肝臓の機能が回復すると臭いも消えてしまいます。


ワキガの場合は、脇の下のアポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質などが雑菌などにより分解され、酸っぱい臭いとは違う鼻をつくようなツーンとした臭いとなります。

食生活の欧米化により、肉や脂肪などが中心の生活を続けているとと臭いが強くなるといわれているので、ワキガ体質の方はバランスのよい食事を意識することも大切ですよね。

 

 

 

© 2017 脇 臭い rss